たんご村



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: 首こり 松井病院 観音寺


163件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[171] 春蘭が

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 8月10日(木)16時59分13秒 pl30867.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

8月に入って忙しくなった。
近所のタチバナさんが、喜多大橋の下流土手草をきれいに刈ったものだから、
橋から上流の大きな草群や樹木がよく目立って、気になっていたので、処理す
ることにした。
台風が迷走して定まらなかったが、影響で大雨になり流木が橋桁とその樹木に
よりせき止められて、川の氾濫の元になるのを防ぐ必要があり、ちょっと疲れ
気味だったが、のろのろと動き始めた。

疲れは、生家の墓地の清掃、古いパソコンのCRTをNECリサイクルセンタ
ーへの送付、地区の防火用水槽の清掃動員、そして加悦の山への春蘭採取など
が遠因である。
生家の墓地は天橋立を眼下に見る山裾にあり、斜面から落ちてくる沢山の枯葉
や枯れ枝などが、10cmほど積もっていた。
車で行ける成相寺近くに、新たに墓地を求め、移る予定だと聞いたので、最後
の掃除になる。2時間ほどかかって汗だくで終わった。一番奥の大きな墓石が
倒れていた。猪が体当たりしたらしいと聞いていた。起こそうと力一杯かけた
が道具がないとだめだと分かった。100Kgを超えるようだ。

防火用水槽の掃除のとき、裏隣のミヤコさんから「あんた、猫に餌やってるか
?」と聞かれた。どうやら飼い猫なのだが、ネグレクトされている猫達の一匹
で、二つ隣の地区の人の飼っている猫らしい。ほとんど餌を与えられていない
らしい。
近所迷惑になりそうなので、餌を与えないことにした。
それでも毎日やってくるので、犬猫のノミを駆除する水薬を買ってきて、首の
後ろに付けてやった。せめてものサービスであり、自衛策でもある。

春蘭移植は時期外れで気の毒だが、この先行く機会ができるかどうか分からな
いので、Kさんの車に便乗して行ってきた。
数株のうち、崩れそうな斜面にあったもので、来年春にも花が見たいものだ。

今朝も目が覚めて、しんどいので土手に取り付くのを止めようか、とぼんやり
していたが、体は心と違う動きをして、作業ズボンを身に着け、長袖の作業着
に手を通していた。心と体がバラバラに働くようになってしまった。

橋の上から声がして、見上げると散歩らしい年寄が「ごくろうさん。あんた歳
は?私は81歳」「私は78歳。背高泡立草が茂っているので、刈らずに抜い
ているところです」などと言い訳みたいな返事したものだ。
また敬老会で出会いそうな気がする。




[170] 蓮が咲いた

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 8月 1日(火)17時47分20秒 pl23205.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

川の水が澄んできたので、ポリタンを持って金魚とメダカの水を汲みに出かけ
た。家の裏でハスが開花していた。
発送元が「どんな花が咲くかわかりません」といっていたが、白い八重の蓮だ
った。ピンクの花が欲しかったがしかたがない。今年植え替えた株がピンクか
もしれないが、まあ楽しみは先送りしたほうが長く楽しめると、考えを切り替
えることにした。

水を汲んで帰ると、猫が台所に上り込んで座っていた。
以前何回か、ツバメやインコが警戒して騒ぐからダメ、と追い返していた猫で
ある。
「お帰り。もうツバメもインコも居ないからいいだろ?」とでも言いたげな顔
をして、私の顔を見て「ニャア」と鳴いた。
宮津竹輪を一本半と煮干し一皿平らげ、2時間ほど昼寝をして、帰っていった。
飼い猫なのか野良ちゃんなのか分からないが、毎日やってきそうな予感がする。



[169] 情報多謝

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 7月27日(木)20時05分51秒 pl10129.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

今井さん、情報ありがとう。
昨年、大手川クリーン作戦で刈り取られるのを免れたヒヨドリソウは、無事に咲いていました
から、そのまま様子を見ます。もし日焼けを起こすようであれば、来年は日除けを考えます。
それから、メールアドレスを教えていただければ幸いです。
a-mkhr@mxg.nkansai.ne.jp
へ私の旧姓を入れたメール下されば嬉しく思います。



[168] 高温で開花しないふじばかま

投稿者: 今井由一 投稿日:2017年 7月27日(木)19時21分31秒 pl14422.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

2年続きの高温により、フジバカマが花芽の時、日焼けして開花しませんでした、今年も前年度と同じような芽になっています、ひよどりそうは上世屋の林道では開花し「あさぎまだら」は飛来しています、中野の保育所横の荒れ地の、ひよどりそうには花芽は見えません、貴地のひよどりそうは早いのかな、舞鶴・宮高のは「ひよどりそう」だとおもいます、



[167] 花芽が付いた

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 7月26日(水)20時44分14秒 pl27997.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

大手側の堤で保護しているヒヨドリバナ8叢のうち、7叢に花芽が付いた。
一か所は昨年の大手川クリーン作戦で刈り取られずに残ったものだから、数度
目の花かもしれないが、6か所はこの取組が行われるようになってからは初め
ての花だと思う。楽しみである。

花が見たいわけではない。花に寄ってくる蝶が見たいのである。
八重山まで追っかけて写真に撮った西村さんによると、渡り蝶アサギマダラは
生息適温はおおよそ20度だそうだ。丹後地方は5月と10月が大体その気温
になる。
しかしまだ7月。もう花芽が準備されている。少し早すぎやしないかい、とつ
ぶやいたものである。

流れに近い一叢は春にはまだ小さかった。夏になってもヒョロヒョロと頼りな
い。大きくなれない理由が先日の雨のあとで分かった。
川の水位が上がると、根っこ(地下茎)が洗われるのである。
土手といっても、敷き詰められたブロックの上に載ったわずかな土と、ブロッ
クの隙間が生育地である。肥えた土が流され新たに川砂が載せられる。
これでは大きく育つことはできない。
雪が来る前に、土手の上の方に植え替えることにした。

ヒヨドリバナを沢山咲かせて、上宮津をアサギマダラが集う里にしたい。
それが私の最終の願いである。



[166] 駆け落ち

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 7月16日(日)17時22分11秒 pl15663.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

セキセイインコが駆け落ちした。
もう2週間以上もまえ、独身のツバメがふらっとやってきて、2日ほど泊まっ
たことがある。子育て中のツバメに遠慮したのか、台所で寝泊まりしていた。
そこにはインコがいた。夜は台所へ移されたのである。
昼間は追っかけっこなのか、テリトリー争いなのかキャーキャー鳴きながら部
屋の中を飛んでいたが、そのツバメが玄関を出るとすぐ篭の上に帰ってきてい
た。
それが3日目、ツバメが玄関を出ると一緒に出て行ってしまった。
以来見ていない。何処かの家に入り込んだのか、野鳥になったのか。
巣立ち以後も玄関のドアは開けたままにしているが、ときどきツバメがペアで
やってきて巣作りの場所を探しているようだが、気に入った場所が見つからな
いらしく、止まり木で大きな声で相談したあとツイと出て行くのを数度、見か
けたが、インコはもう帰ってこない。

駆け落ちと言えば、Sさんを思い出す。母子家庭で家名を残すため婿取りが求
められていて、祖父が決めた男(A)が気に入らなかったのか、母親と犬猿の
仲だったので母親と暮らすのが嫌だったのか、23歳のころ駆け落ちを試みた。
相手は幼馴染であった。だがその相手が頼りない男だった。近くの駅へ迎えに
来てやらなかったのだろう、Sさんは従兄に頼んだ。しかし断られたので、諦
めたのか諦めきれないままなのか、祖父の遺言に押し切られやむなくAを迎え
入れたものらしい。

それから50年。後期高齢者まじかになって、Aはその家を離れることにした。
若いころは遠慮が優位にあったが、Sさんはあけすけにイヤミやヒニクを口に
するようになり、Aはそれに耐えられなくなったのであろう。
Aは退職金の大半を築80年余の古民家修理に費やし、手持ちの財が少なくな
っていたから、賞味期限が切れたと見られたのかもしれない。
すぐにSさんは離婚届を役所に提出した。

Aはいま、気楽に自炊を楽しんでいる。金がなくなれば断食を楽しみ、差し入
れを楽しみ、以前ほとんど口にしなかった酒も楽しんでいる。



[165] 巣立ち

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 7月 9日(日)08時15分58秒 pl28941.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

ツバメが巣立ちした。初めは4羽と思っていたが5羽もいた。発育の遅れたの
が1羽いて、昨日は巣に残っていたが、今朝大きな声で鳴いていたので、おい
どうした、と声をかけたら親が迎えに来て、一緒に出て行った。
「巣立ちします」の挨拶だったのかもしれない。残ったのは風化して細かい砂
を落とし始めた泥の巣と、おびただしい糞である。
2,3日は巣の近くの止まり木(一昨日、追加設置した)に帰ってきて夜を過
ごすから、大掃除は完全に巣立ちが完了してからになる。

こんな時間に投稿するのは、予定が狂ったからで、今日は”大手川クリーン作
戦」という大手川の堤の草刈が予定されていた。
朝から雨で来週に延期されたのだが、様子を見に出かけたら区長さんに出会っ
た。私は知らされていなかったが、11区の住民専用のメールが発信されてい
たらしい。公民館で登録が必要という。さっそく月曜日行ってこよう。

2時間ほど不在になる予定だったので、居間にしている部屋にアースレッドを
仕掛けて出た。精密機器はビニールの袋で包み込み、影響を受けないようにす
るため忙しい朝だった。テレビも精密機器に含まれるらしい。
火災報知器も感知するとされていたから、覆いが必要とあった。
今8時15分。まだ部屋から閉め出しを食っている。

ツバメが時々帰ってきて、パソコンの部屋にやってきて、洗濯物の部屋干し竿
に止まって「爺さん、大丈夫か」と声をかけてくれる。



[164] あ、だっさい

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 6月20日(火)17時48分32秒 pl26949.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

少し遠いが、そのスーパーでしか見つけられなかったものを買いに、バイクで
街中に出た。
ついでに野菜・果物などを篭に入れてレジに向かったら、正面に「獺祭」の文
字が見えた。思わず「あ、だっさい」と声が出た。

もう数年前だが、BSで「吉田類の酒場放浪記」という番組を時々見ていたが
ある居酒屋で店の主人が、とっておきの酒、と棚から出してきたのが「獺祭」
という酒だった。そしてその数か月後、東京にいる息子の妻が”父の日”のお
祝いといって送ってくれたのがこの酒だった。
獺祭というのは、カワウソが獲った魚を岸に並べる習性があり、それが祭りを
するように見えることから名前がついたらしい。

買って帰った。Kさんに見つかると「また!」と睨み付けられるので別の部屋
に置いて、少しずつ味わうことにした。
結果的に呑み過ぎになって、ダウンすることがあったので、度数の小さいワイ
ンかビールに切り替えていたのだが、また日本酒に戻るのかな?



[163] 熊が出た

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 6月19日(月)10時14分55秒 pl36981.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

17日は”上宮津21夢会議”主催の「辛皮ホタル・カジカまつり」の開催日
だった。カジカの声を聴いたことがないと言っていたKさんを誘って、早い時
間に丹後鉄道で行ってみた。

ドアにはツバメが出入りするのに差支えないほどの大きさの枠にガラスがはめ
込んであり、ネジ10本を抜けば外れることに気が付いて、早くに出かけるこ
とにしたのである。ツバメにはそのことを言ってある。伝わったかどうか分か
らないが、私の顔を見ながら話し終わるまでジッと首をかしげて聞いていたか
ら、彼の入居前のように何かを感じたかもしれない。
このごろ馴れて30~40センチの距離で、話しかけられるようになった。

宮津高校のOBやOGたちが、バンド演奏で楽しませてくれている間、私は杉
山の上からドローンで撮影したVTRが大きなモニターに映し出されているの
に夢中になって、演奏をよく聞いていなかった。
演奏だけではなく主催者代表の挨拶も来賓の挨拶も、更に主催者の注意放送も
聞いていなかった。
周辺がざわついていた。え?と思ってアナウンスを聞くと「宮津方面の方は8
時7分の列車にお乗りください。一両ですから全員が乗れるかどうかわかりま
せんが・・・」とのこと。何事?と周囲の話を拾い聞きしているとどうやら熊
が会場近くに居るらしい。でホタル・カジカまつりが中止になったとのことだ
った。

予定では8時からカジカを聞きながらホタルの飛び交うのを鑑賞することにな
っていた。Kさんが悲しそうに「カジカが聴けないね」と言ったのを、この3
月まで区長を務めていたCさんが聞いて、そこで聴けますよと教えてくれた。
が、場を盛り上げるためのBGMが大きくて、初めてのKさんの耳には聞き分
けが出来ない。彼女の聴力の衰えも進んでいる。
手を引いて、桧川近くに下りる道を少し降りると彼女にもやっと聞こえたらし
い。よろこんでもらえた。

まつりの会場でも、帰宅してからも飲み続けたビールが、良く効いて私を眠ら
せて呉れない。アルコールは睡眠の質を悪くするとは聞いて(読んで)いたが
質以前に私を不眠にする。昨日は二日酔いではなく不眠の影響で一日中マグロ
状態。草抜きどころではなかった。臨時休養となった。

ツバメが孵化したらしく、卵の殻が2個分廊下に落ちていた。



[162] 姫檜扇水仙

投稿者: 蔵平 投稿日:2017年 6月 5日(月)10時17分26秒 pl34943.ag5354.nttpc.ne.jp  通報   返信・引用

昨日は、旧上宮津小学校の清掃が行われた。校庭を含む校舎の内外の大掃除で
上宮津地区住民総出で行われた。何時もの土手の草抜きを一時間ほどで切り上
げ、同じ道具を持って指定時間前に公民館に行った。
今は廃校になっているが、プールが府立海洋高校の助けを借りながらホンモロ
コの養殖場になっていたり、地区の大きなイベントの拠点になっているから、
大事な場所・建物である。区民の一員として参加しないでいられない。
鉄工所の「ヒーさん」がいて、「広い所は草刈り機が砂を飛ばしてくるので、
フェンスの外の方がええで」と言っていたので、彼の忠告に従うことにした。

しばらく作業していると近くで鎌で作業していたオジサンが、「先生、これは
草ですか花ですか」と私に問いかけてきた。あ、誰かと間違えているなと思い
ながら「それはヒメヒオウギズイセンという花だと思います」と応えると、
「刈ってもいいですかねえ」と相談をもちかけてきた。「球根ですから刈って
もいいし、少し増えすぎているので半分ほど間引きをしてもいいと思います」
と答えるとその通りにした。
小休止のときペットボトルのお茶を飲みながら、○○さんと間違えていました。
帽子とメガネがあまりにも似ていたので、とのことだった。

先生と言われたのは初めてである。
私の兄が3人いたが、3人とも先生と呼ばれていた。学校の先生が二人、病院
の先生が一人。問題は病院の先生のほうである。
小さな国立病院の院長になったと聞いたとき、様子を見に敦賀の官舎へ行って
医者を辞めたのかと聞いた。患者の顔の色を見ないで厚生省の顔色を見ている
のが医者の仕事とは思えないからである。
初めは私をバカ呼ばわりしていた。確かに私には学歴はない。出来も悪い。
しかし価値観はそれなりに持っているつもりだ。
話のおしまい頃その兄は「7人もの医者の首を切らされた」と苦悩の色を見せ
た。そら見たことか、あんたには管理職は向いてないよと思ったが黙って帰っ
てきた。
彼の定年退職後しばらくして彼の妻から私の姉を通して、「何とかしてくれ」
と連絡が入って、枚方の自宅へ行ってみるとアルコールに神経を侵されて、人
格が変わってしまった兄がいた。管理職は彼にはストレスが強すぎたのである。
その後しばらくして、脳卒中で逝ってしまった。
彼の妻(義姉にあたるのだが)からは、今も私は同じようなバカな弟と見られ
ている。そんな感じがする。


レンタル掲示板
163件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.