teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


志らとり(笑)

 投稿者:黒梨  投稿日:2017年 3月17日(金)14時42分32秒
  元TFの志らとりは森田崇先生や北原尚彦先生のフォロワーに、迷惑な長文でちょっかい出すのはやめるべき。フォロワーのみなさんは先生と会話したいのであり、横から詳細な膨大な情報を押し付けられても迷惑以外の何ものでもない。また出禁食らうというよりツイッターアカウント凍結されるよ。  
 

超おくればせながら

 投稿者:北原尚彦  投稿日:2016年 1月30日(土)16時25分51秒
  「北原尚彦の書物的日常」ご覧の皆様。
相変わらず、更新できない状況が続いており、申し訳ありません。
現状、北原の情報発信は、Twitterをお読み頂けるとありがたいです。
こちらへの書き込みすら年に一回になってしまい、ほんとにすません。

よろしくお願い致します。
 

おくればせながら

 投稿者:北原尚彦  投稿日:2015年 1月15日(木)05時09分24秒
  >皆様
おくればせながら、明けましておめでとうございます。
こちらではすっかりご無沙汰してしまってすみません。
訳あってサイトの更新が出来なくなっておりまして。
そのためもあり、情報発信は主にTwitterで行っております。
そちらもご覧頂ければ、幸いです。
昨年は色々(本当に色々)ありましたが、なんとか無事にやっております。

>志らとり様

山本周五郎のホームズは、復刊されるまでものすごくレアでした。
あのような形で、簡単に手に取って読めるようになったのは素晴らしい快挙だと思います。

>あらためて皆様

今後ともよろしくお願い致します。
 

山本周五郎のシャーロック・ホームズ

 投稿者:志らとり  投稿日:2015年 1月 3日(土)21時01分51秒
  新年、明けましておめでとう御座います。
本年も宜敷くお引き回しの程を御願い申し上げます。

扨、暮に「山本周五郎・探偵小説全集・第2巻」(作品社)を端本で入手致しました。題して「シャーロック・ホームズ異聞」。表題作は全書の三分の一位を占めて居り、他は、「猫目石殺人事件」「怪人呉博士」「出来ていた青」「失恋第五番」「失恋第六番」です。
「呉博士」は古い探偵小説書誌を弄って居る方ならばにやりとされるかも知れません。ソーンダイク博士(オースティン・R・フリーマン作)の翻案に「呉田博士」と云うのがあったさうで、それの捩りに思えますが内容は掲載誌が児童書だった所為か「怪人二十面相」的な短編です。「猫目石」の方もフリーマンの作に「猫目石」がありますが関係なく寧ろルブランの「アルセーヌ・ルパン」(英文小説・翻訳題「ルパンの冒険」「ソニアの宝冠」など)を下敷きにした感じの作品でさして長くもありません。
さて同書の最初に陣取って居るのは「シャーロック・ホームズ」です。これはよみはぢめた時、掲載誌が児童書だったと云うのと発表当時から、英国の倫敦府を日本の帝都に置き換えた翻案かと思ったらそうでもなくさりとて、ホームズが日本に御忍びで遣って来てと云うオリジナルの譚でもなく内容は「緋色の研究」や「四つの署名」を切り抜いて人名や場所を多少調整したと云う体のものでした。「まだらの紐」に至っては、人名や地名以外は殆どそのまんまと云うものでした。当時のおおらかさが窺えるものでこれが戦後だったらやっつけ仕事とかなんとか云われて大変だったでしょう。
 

今年も・・・

 投稿者:志らとり  投稿日:2014年12月30日(火)19時58分24秒
  最近、こちらも寂しいですが、定期的に拝見させて頂いて居ます。

今年ももうすぐ終わりですが、今年一年有難う御座いました。
 

(無題)

 投稿者:ドイル  投稿日:2014年 4月19日(土)19時14分52秒
  円城塔先生が受賞おめでとうございます。北原先生のお友達ですか  

謹賀新年

 投稿者:北原尚彦  投稿日:2014年 1月 4日(土)18時44分45秒
  みなさま

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

諸事情によりサイト更新が滞っているとはいえ、この掲示板まで対応が遅くてすみません。
もう少し、対応するようにいたします。反省。

>志らとり様

「未来趣味」への御指摘、ありがとうございます。
御指摘の通り、版下ミスでページが前後しております。
(入れ替わっているだけで、抜けはありません。)
発行当時は訂正メモを挟んで販売しておったのですが、現在そのメモなしになってしまっているようです。
ご迷惑をおかけしました。

その他の誤植ご指摘につきましては、概ねその通りです。
ですが、新潮文庫『ドイル傑作集』1巻につきましては、初刊時は巻数が入っておりませんでした。

今後とも、よろしくお願い致します。
 

新年明けましておめでとう御座います

 投稿者:志らとり  投稿日:2014年 1月 1日(水)00時12分49秒
  新年明けましておめでとう御座います。

最近はご無沙汰が続いておりますが、本年も宜敷くお引き回しの程御願い致します。
 

「未来趣味」第8号への質問

 投稿者:志らとり  投稿日:2013年11月 6日(水)21時51分11秒
  と云うと大袈裟ですが、「古本ゲリラ」の際に御頒け頂いた、「未来趣味」第8号を読んでいて分らない箇所がありました。最近不図それを入れ換えれば良いんぢゃないかと思い当たりました。と云っても分り辛いですから。
問題の箇所は「解読残月塔秘事」です。40ページ、41ページと読み進みます。「……本来ならば、この後でステークスの供述( 括弧内略 )」で次のページに行くと、段落が変わっています。あれ前のページの文章はあれでと思い乍、読み進めると、「この探偵ってのがシャーロック・」、(42ページへわたると)「が入るのだが、これは省略されている。」???当初組落ちでもあるのかと思ってゐたのですが、不図42ページと43ページとを入れ換えれば良いのでは。こう云う事は結局は作者に確認するのが一番なので確認させて頂く次第です。

なお、他のページで気に成る点が。
87ページ他 46.の7番目「蛇目博士」 ⇒ 「蛇石博士」 目ではなく石では?それとも「蛇目博士」と云う本が先行するのでしょうか?
97ページ 72. 『ドイル傑作集』 ⇒ 『ドイル傑作集Ⅱ』 Ⅱが抜けている。
106ページ他 121.の4番目、123.の2番目 『ドイル傑作集』 ⇒ 『ドイル傑作集Ⅰ』 初出はⅠが入っていないのでしょうか?
 

御連絡

 投稿者:TF  投稿日:2013年10月31日(木)23時19分51秒
  御連絡*
長らく、TFのハンドネームで投稿しておりましたが、当方のHNに紛らわしい名称でネット上に投稿を繰り返す輩がおり、しかも当方の個人情報をちらつかせるというものです。そのためその投稿を受けた方から苦情が絶えず、出入禁止となったサイトもでてしまいました。最近も当方にも厳重の抗議が参りました。
抗議が多いためにブログも退会し、トィッターも退会しホームページも全削除をしております。
その輩は以前TFも勤務していた会社に居た人間で、法律に関する知識が可也あり然も当方の個人的情報を熟知しております。(当方もその輩も共に退職)
弁護士に相談したところ、当方がHNなどを漏らした過失があり又客観的にみれば被害があるとは言い難く(直接的な金銭被害がなく、又暴力的行為などを示唆している訳でもないので、刑事告発は無理であるし、民事訴訟を起こしても逆に訴訟されて名誉毀損の損害賠償で敗訴となり多大な請求をされる公算が大きい。ここは大人しく引き下がる事だ、出来れば、ネットから一切離れるのが一番好ましいがせめて、HNを変えるくらいの事はすべきだと云われました。ここで新しいHNを書いてしまうとその輩に検索されてバレテしまいますので書けませんが、次回からは新HNで投稿いたします。
宜敷く、御諒承下さい。
投稿内容でここの常連の方には分る思いますが。

>管理人さま、もしこの件が不快に思われたり、このサイトの被害をおそれるということであれば暫く出入りを自粛します。
 

レンタル掲示板
/72